コンテンツにスキップする

ウーバーやリフトの二の舞い避けたいアリババ-香港への重複上場で

  • ハイテク株公開ラッシュの中でアリババの収益力は魅力となる可能性
  • 香港の小口投資家がアリババ株上場に高い関心を寄せると期待される
The Alibaba.com Ltd. logo

The Alibaba.com Ltd. logo

Photographer: Bloomberg/Bloomberg
The Alibaba.com Ltd. logo
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

中国最大の電子商取引運営会社アリババ・グループ・ホールディングは、今年のテクノロジー企業の株式上場ラッシュの波に乗る準備を進めているが、新規株式公開(IPO)後の株価の低迷が注目を集めたウーバー・テクノロジーズとリフトの二の舞いは避けたいところだ。

  香港市場への重複上場を目指すアリババにとって、黒字事業と株式投資家へのリターンの実績という2つの要素が助けになると考えられる。

  交銀国際のチーフストラテジスト、洪灏氏は「 アリババは収益力があり、キャッシュフローも素晴らしい。同社の成長は目覚しい。この種のディールが否定的に受け止められることはないだろう」と述べた。

  同社が約200億ドル(約2兆1900億円)規模の香港上場を検討していると事情に詳しい複数の関係者が今週明らかにした。 アリババが準備を進める中で、過去1年間に世界で上場した主要テクノロジー企業の大部分は株価が公開価格を下回る水準で推移しており、IPOで株式を購入した投資家のリターンが平均マイナス13%であることがブルームバーグの集計データで示されている。

Tech Disappointments

Over half of major listings in past year are underwater

Source: Bloomberg

Table shows tech company listings that raised over $1 billion.

実績

  ポストメイツスラック・テクノロジーズウィーワークなどのハイテク企業が年内に相次いで株式を公開する予定であり、投資家の関心を競い合うことが予想される。ただ、アリババはニューヨーク市場上場後の実績があるため、他の新規公開予定企業に対し優位に立てる可能性がある。

  アリババの株価はニューヨーク市場上場後、2倍強に値上がりし、株式時価総額は約3980億ドル。指標のS&P500種株価指数のその間の上昇率は41%にとどまった。香港への重複上場が実現すれば、アリババは地域の多くの小口投資家の資金にアクセスできると期待される。2007年にアリババの企業間取引市場運営会社が香港で株式公開した際には、小口投資家から当初の公募株数の257倍の注文が集まった。

原題:Alibaba Seeks to Avoid Uber, Lyft Fate in Crowded Tech IPO Party(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE