コンテンツにスキップする

ECB、マイナス金利の影響評価には時間が必要-仏中銀総裁

マイナス金利が銀行に及ぼす影響は誇張されてはならず、この評価に欧州中央銀行(ECB)は時間を必要としていると、ECB政策委員会メンバーのビルロワドガロー仏中銀総裁が述べた。

  28日にパリで講演したビルロワドガロー氏は、マイナス金利政策がそれだけで銀行利益を圧迫しているとの主張は行き過ぎていると発言。金融政策は金融機関に好影響を与えていると語った。

  ビルロワドガロー氏は以前、マイナス金利が銀行を圧迫しているとして見直しを呼び掛けてきたが、姿勢を軟化させた格好。同氏はドラギ総裁の後任候補の1人と目されている。

  マイナス金利政策の影響について「時間をかけてこの評価を完了し、必要な決定を下すようにしたい。とりわけ銀行の場合、この問題は無視されるべきでないのは間違いないが、過度に騒ぎ立てることも避ける必要がある」と論じた。

原題:ECB Needs Time to Assess Negative Rate Impact, Villeroy Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE