コンテンツにスキップする

ダイモン氏、ウェルズFを批判-CEO後継計画の欠如は「無責任」

  • 米中の貿易摩擦は「小競り合い」を超えるレベルにエスカレート
  • 信用損失は今後拡大し、より通常の水準に戻ると予想
ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)

ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)

Photographer: Giulia Marchi/Bloomberg
ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)
Photographer: Giulia Marchi/Bloomberg

米銀JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は、同業ウェルズ・ファーゴがCEOの後継計画を立てないままティム・スローンCEOの辞任を発表したことは「無責任」だと批判した。

  ウェルズ・ファーゴでは、アレン・パーカー法律顧問が3月に暫定CEOに就任したが、社外での正式な後任探しは現在も続いている。同行では、過去に起きたさまざまな不祥事を巡り連邦議会で批判が高まる中でスローン氏がCEOを突然辞任。辞任発表の時点では、後継候補に関する正式な協議は始まっていなかった。

  ダイモン氏は28日、ニューヨークでの銀行関連の会議で「規制当局がそうした状況を望んだとすれば驚きだ。無責任だからだ」と指摘。スローン氏辞任の理由については全く分からないと語った。

  ウェルズ・ファーゴの担当者はコメントを控えた。

  ウェルズ・ファーゴのCEO探しでは、ダイモン氏の後継候補とされる人物の名前も複数挙がっている。ダイモン氏は先週、優秀な幹部が競合他社に奪われないか懸念していると述べていた。

このほかダイモン氏の主な発言は以下の通り:

  • 米中の貿易摩擦は「小競り合い」を超えるレベルにエスカレートし、経済や市場に一段の悪影響をもたらす恐れがある
  • アジアのプライムブローカレッジ事業と債券トレーディング事業には市場シェア拡大の余地があるとみている
  • 事業の成長に伴い商品全般において信用損失の拡大を見込む:ダイモン氏は、「ならしてみると、時とともに状況は悪化するだろう。ただ実際に悪くなるからではなく、これまで極めて好調な時期が非常に長く続いたためだ」とし、「通常の状態に戻るということだ」と説明

原題:Dimon Calls Wells Fargo’s Lack of CEO Plan ‘Irresponsible’ (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE