コンテンツにスキップする

アマゾンのベゾスCEO夫人、バフェット氏ら主導の慈善活動に寄付へ

  • マッケンジー氏は離婚に伴い受け取る370億ドルの半分の寄付を誓約
  • 慈善活動「ギビング・プレッジ」への参加者は204人に上る

アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の妻マッケンジー・ベゾス氏は、ベゾスCEOとの離婚に伴い受け取る370億ドル(約4兆円)の半分以上を慈善活動に寄付すると表明した。

  慈善活動「ギビング・プレッジ」は28日、マッケンジー氏を含む19の個人や家族が新たに活動に署名したと発表。ギビング・プレッジは、ビル・ゲイツ夫妻とウォーレン・バフェット氏が2010年に始めた慈善活動で、生前ないし遺言で資産の半分以上を寄付することを誓約する。参加者はこれまでに合計23カ国、204人に上る。

bezos

ジェフ・ベゾス夫妻

  マッケンジー氏のほか、ヘッジファンド運用者のポール・チューダー・ジョーンズ氏やメッセージアプリ、ワッツアップの共同創業者ブライアン・アクトン氏らが今回新たにギビング・プレッジに署名した。

  マッケンジー氏の寄付表明はジェフ・ベゾス氏とは対照的だ。世界一の富豪であるベゾス氏はギビング・プレッジに署名しておらず、これまで慈善活動全般にあまり積極的に従事していないことに批判の声も上がっている。2017年には、「今すぐ」支援が必要な人々のために自身の資産を活用する上で最も適切な方法は何かとツイッターでアドバイスを求めたが、ホームレスや教育への対策支援に20億ドルの寄付を表明したのは18年9月だった。

原題:MacKenzie Bezos Joins Buffett, Gates in Making the Giving Pledge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE