コンテンツにスキップする

ECB6月会合の追加策に注目-追加利下げや階層化、金利ガイダンス

  • TLTROの条件、銀行に有利とするか厳しくするか意見分かれる
  • 経済データは相反する内容、今年後半の回復シナリオに懐疑論も

欧州中央銀行(ECB)当局者らは、相反する経済データの中で新たな景気刺激策についての決断を迫られている。

  ECBのエコノミストらは最新の経済予測を準備しつつある。来週の会合でドラギ総裁が明らかにするこの予測から、ECBが今年後半の景気回復を今も信じているかどうかが分かる。政策委員会はそれ次第で、追加の景気刺激措置の是非を決定することになる。

  先週公表された4月会合の議事要旨は、一部当局者が既に、見通しに対する自信を失っていたことを示した。その後のデータは、調査や市場の指標がセンチメント悪化を示す一方で域内総生産や個人消費などは底堅さを示し、相反する内容だ。

  ABNアムロ・ホールディングのシニアエコノミスト、アリン・スハウリング氏は 「全体像は依然として、トレンドを下回る成長だ。問題はECBが何をするかだ」と述べた。

  6月会合の一部は、9月に始まる新たな条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO)の金利などを決定するための議論に割かれるだろう。景気刺激のため銀行に有利な条件を望む当局者もいれば、銀行を中銀による支援から独立させるためより厳しい条件を求める意見もある。

  より大がかりな措置は量的緩和(QE)再開や追加利下げだ。短期金融市場は来年序盤の利下げの観測を強めつつある。中銀預金金利は現在マイナス0.4%。一段の引き下げ検討は、一部銀行の超過準備をマイナス金利の対象から外す階層化の議論を再燃させるだろう。あるいは、超低金利を維持する期間についてのガイダンスを、現行の「少なくとも年末まで」からさらに延長することもあり得る。10月末で退任するドラギ総裁の後継者の手はさらに長期にわたり縛られることになる。

  スハウリング氏は、「当社の現在の基本シナリオは(ガイダンスの)さらなる延長だ」と述べた。

Market expectations of euro-area inflation have dropped
German industrial production and business confidence have dropped
Euro-area industry is in contraction, while the service sector is growing

原題:Draghi Has 10 Days to Gauge Recovery for ECB Stimulus Decision(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE