コンテンツにスキップする

カナダのトルドー政権、USMCA批准の意向を議会に正式通知

カナダのトルドー政権は北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」を批准するための立法措置を推進する意向を正式に議会に通知した。

  フリーランド外相は27日、議会承認プロセスの第一歩となる立法化の動議を下院に提出した。

  米国のペンス副大統領は30日にオタワを訪問し、トルドー首相とUSMCAを前進させることについて協議する予定。トランプ米大統領は先週、カナダとメキシコからの鉄鋼・アルミニウムに対する追加関税を撤廃する決定を下し、3カ国はUSMCAの議会承認に対する大きな障害が取り除かれた。

  トルドー首相は先週、USMCAの批准に意欲を示したが、カナダ議会は4週間後の夏季休会を控えて同協定を審議し採決する時間はわずかしかない。

原題:Trudeau Government Gives Notice It Intends to Ratify New Nafta(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE