コンテンツにスキップする

イタリア政府はFCAとルノーの統合支援で役割も-サルビーニ副首相

  • イタリア政府が制度上関与する必要があるなら出資は適正と副首相
  • サルビーニ氏率いる「同盟」は欧州議会選で大勝利

イタリアのサルビーニ副首相は27日、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が仏ルノーに提案した統合案の実現を支援する上で同国政府は一定の役割を果たすことができると述べた。

  欧州議会選挙で自身が率いる「同盟」が大勝利を収めたばかりの同副首相は、世界3位の自動車メーカーを誕生させる同統合案を支持。ローマでの記者会見で、「これは素晴らしい取引であり、是非まとまってほしい」と述べた。また、政府が新会社に出資する可能性はあるかとの質問に、「イタリアが制度上関与する必要があるなら、全く適正だろう」と答えた。

原題:Salvini Says Italian State Could Help Fiat Seal Renault Merger(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE