コンテンツにスキップする
Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

EU、対米自動車輸出制限に「100%反対」ー米欧摩擦激化の恐れ

  • トランプ大統領の数量規制案は受け入れられずーEU貿易相
  • 自動車巡る米欧摩擦が世界経済への新たな逆風になる可能性
New Ford Fiesta automobiles, manufactured by Ford Motor Co., sit on a barge sailing to Vlissingen, Netherlands, on the River Rhine in Duesseldorf, Germany, on Wednesday, Feb. 13, 2019. The automaker said last month when announcing thousands of job cuts across Europe that it would merge its U.K. head office with a nearby technical center to cut costs, while warning that measures in the event of a no-deal Brexit would be significantly more dramatic.
Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

欧州連合(EU)は27日、域内で生産された自動車と同部品の輸出制限を米国から求められても拒否すると表明した。貿易を巡り米欧間の緊張が高まるリスクが浮き彫りになった。

  トランプ米政権がEUと日本からの自動車・同部品輸入への数量規制を検討したことが今月明らかとなったが、EUの貿易担当相はこの案を受け入れられないとした。EUからの自動車輸入が米国家安全保障を脅かすとのトランプ大統領の主張に対しても、EU側はこれを否定した。

  トランプ大統領は17日、「輸入を減らすことで国内の競争環境を改善しなければならない」としながらも、自動車関税発動を180日間延期し、日本とEUとの協議でこの問題を論じるようライトハイザー米通商代表部(USTR)代表に指示した。世界貿易機関(WTO)のルールは輸出自主規制を禁じている。

  スウェーデンのリンデ貿易相は域内貿易相の会合が開かれたブリュッセルで記者団に対し、米国の自動車輸入制限には「われわれは100%反対だ」と発言。他の貿易相やマルムストローム欧州委員(通商担当)もEUはWTOルールを順守すると述べた。

  これまでは市場の懸念材料として米中貿易戦争ばかりが前面に出ていたが、この先、欧州の対米自動車輸出を巡る摩擦が世界経済への新たな逆風になる恐れがある。

Major Challenge

If U.S. car tariffs are introduced, 8.6% of euro-area transport industry output is at stake

Source: OECD TiVA, Bloomberg Economics

  一方、EUの行政執行機関、欧州委員会によれば、米国が自動車輸入に対する関税率を25%に引き上げた場合、EUからの輸入車の米国内店頭表示価格は1万ユーロ(約123万円)上乗せされると推計される。

  リンデ貿易相は、関税引き上げが「実施されないよう望む」とし、実施されれば「スウェーデンおよび欧州の自動車産業に非常に厳しい状況となり、大惨事と言えるだろう」と語った。

  マルムストローム欧州委員はまた、米国の関税賦課の適用除外の見返りとして対米自動車輸出を制限する「管理貿易」の取り決めにはEUとして「極めて断固とした」姿勢で反対すると強調した。

原題:EU Draws Red Line for Trump on Cars, Calling Quotas a No-Go (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE