コンテンツにスキップする
Photographer: Jason Alden/Bloomberg

12兆円に迫る豪最大の年金基金、NYとロンドンで人材採用へ

  • オーストラリアンスーパーのマーク・デラニーCIOが語った
  • 基金の規模、今後5年で2倍になると予想されている
A commuter stops on London Bridge to view Tower Bridge in the distance in London, U.K., on Monday, Dec. 18, 2017. U.K. firms wanting workers face the tightest labor market in two decades. In 2011, there were almost six unemployed people for every vacancy; now there are fewer than two, the lowest ratio since records began in 2001.
Photographer: Jason Alden/Bloomberg

運用資産が1550億オーストラリア・ドル(約11兆7600億円)を超える豪最大の年金基金、オーストラリアンスーパーは、ニューヨークに新事務所を開設するほか、ロンドンのオフィスを拡張する計画だ。国内市場だけでは運用規模が大きくなり過ぎたため、海外での投資機会を探る。

  オーストラリアンスーパーのマーク・デラニー最高投資責任者(CIO)は、2022年までにニューヨークの人員数を30人とし、不動産とインフラ、プライベートエクイティー(PE、未公開株)への投資に照準を定める計画だとンタビューで語った。ロンドンのオフィスでは同時期までに人員を50人程度とし、不動産とインフラ、為替取引に力を注ぐ方針だとも説明した。

  基金の規模は今後5年で2倍になると予想されているため、オーストラリアンスーパーは海外にシフトする資金を増やし、最終的にはポートフォリオの3分の2を豪州以外に投資する見込み。

Looking Abroad

AustralianSuper has held more global equities than local stocks since 2015

Source: AustralianSuper

Note: Asset allocation in default option in year to June 30; 2019 as at April 30

原題:$108 Billion Fund Plans London, New York Hiring Spree (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE