コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国が1日で1年分の上場企業廃止-「科創板」導入に向け環境整備か

  • 中国は17日に証券取引所の要件を満たさない4社を市場から追放
  • 少なくとも10年以降、元建てA株の年間上場廃止で最多記録は4社
Investors sit in front of an electronic stock board at a securities brokerage in Shanghai, China, on Friday, Oct. 13, 2017. A number of economic indicators show "stabilized and stronger growth" and the momentum of a 6.9 percent expansion in the first six months of 2017 "may continue in the second half," People’s Bank of China Governor Zhou Xiaochuan said.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

行いを改めよ、さもなくば退出せよ-。これが中国証券監督管理委員会(証監会)が本土上場企業に発したメッセージだ。

  中国は17日、証券取引所の要件を満たさない4社を市場から追放した。数字としては大きくはないように見えるかもしれない。だが少なくとも2010年以降、人民元建てA株の年間上場廃止の最多記録は4社だ。

  証監会の易会満主席が株式市場では「ゾンビ」企業は容認されないだろうと述べた1週間後、上海、深圳両証取が措置を講じた。

House Cleaning

The number of delistings this year already matches the 2018 total

Bloomberg

Note: Data excludes companies delisted due to M&A

  中国当局は上海証取でテクノロジー企業中心の新市場「科創板」を6月にも始める方向で準備を進めており、問題を抱える上場企業の一掃を急いでいる。科創板の長期的成功を目指す当局が、上場廃止を通じ潜在的な問題を排除することで、システムの改善を探っていることが示唆されている。

  上海証取によれば、上場廃止が決まった海潤光伏科技は財務に問題があり、上海普天郵通科技は3年連続で赤字だった。深圳では成都華澤コバルト&ニッケル衆和が同じような理由で上場廃止となった。

原題:China Boots More Bad Stocks in a Day Than It Did Most Years (1)(抜粋)
 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE