コンテンツにスキップする

トランプ大統領、8月の日米貿易合意を想定

  • 「8月に両国に非常に好ましい何かを発表することになる」と語る
  • 「対日ビジネスをもう少し増やしたい」、不均衡「早急に是正」へ
首脳会談に臨むトランプ大統領と安倍首相

首脳会談に臨むトランプ大統領と安倍首相

Photographer: Eugene Hoshiko/AP
首脳会談に臨むトランプ大統領と安倍首相
Photographer: Eugene Hoshiko/AP

トランプ米大統領は27日、日米貿易協定について8月に何らかの合意を発表する可能性があると述べた。7月に選挙を控えた安倍晋三首相に、争点となる問題についての時間的猶予を与えた形だ。

  トランプ大統領は安倍首相との都内での首脳会談の冒頭、「貿易に関して非常に前向きなことが多数起こっている」と記者団に語った。大統領はかねて米国に輸出される日本車への関税引き上げも辞さないと警告。同時に、米国の農産品に対する日本市場の開放拡大を求めている。

  「貿易に関しては、われわれは恐らく8月に両国にとって非常に好ましい何かを発表することになると思う」とトランプ大統領は発言。「日本の対米ビジネスは米国の対日ビジネスよりはるかに多いため、われわれは少し巻き返す必要がある。われわれは逆に対日ビジネスをもう少し増やしたい」と語った。

  大統領はまた、「貿易収支は早急に是正されることになるだろう」と指摘した。

原題:President Trump Eyes August for a U.S.-Japan Deal on Trade、Trump: Will Probably Have Japan Trade Announcements in August(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE