コンテンツにスキップする

アップルをiTunes利用者が提訴、購入データと個人情報の流出で

  • ロードアイランド州とミシガン州在住の3人が提訴、集団訴訟目指す
  • 州法に基づき、それぞれ1人当たり250ドル、5000ドルの支払い求め
The Apple Inc. logo is displayed at one of the company's stores in Hong Kong. 

The Apple Inc. logo is displayed at one of the company's stores in Hong Kong. 

Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg
The Apple Inc. logo is displayed at one of the company's stores in Hong Kong. 
Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg

アップルは「iTunes(アイチューンズ)」経由の購入データおよび個人情報を違法に流出・販売したとして、利用者が24日、同社をサンフランシスコの連邦裁判所に提訴した。「あなたの『iPhone(アイフォーン)』で起きたことはあなたの端末の中にとどまる」とする同社の説明と矛盾するとしている。

  提訴したのはロードアイランド州とミシガン州在住の3人のアイチューンズ利用者で、本人の同意を得ずに個人の購入データが流出した疑いのある両州の住民を代表する集団訴訟の認定を目指している。訴状では、利用者の個人情報流出は違法であるだけでなく、社会で最も損傷を受けやすい人たちが標的となりかねず危険となり得ると主張している。

  ロードアイランド州では情報流出の対象となった利用者1人当たり250ドル(約2万7300円)、ミシガン州では同5000ドルの支払いを両州のプライバシー関連法に基づき求めている。

  アップルの担当者に本件に関するコメントを求めたが、これまでのところ回答はない。

原題:Apple Accused of Selling ITunes Customers’ Listening Data (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE