コンテンツにスキップする

欧州議会選、仏与党がルペン氏の極右政党に敗北-出口調査

26日に投票が締め切られた欧州議会選挙の出口調査によれば、フランスのマクロン大統領率いる与党・共和国前進が、マリーヌ・ルペン氏の極右政党・国民連合(旧国民戦線)に敗北を喫する様相となった。

FRANCE-EU-POLITICS-ELECTIONS-VOTE

国民連合のルペン党首

Photographer: BERTRAND GUAY/AFP

  世論調査会社Ifopのデータによれば、共和国前進の得票率22.5%に対し、国民連合は24%を獲得。ルペン氏は2014年の選挙でも与党に勝利している。

  欧州連合(EU)の統合強化を他国に説得する立場のマクロン大統領にとって、手痛い敗北となる。ドイツでは調査によると、メルケル首相のキリスト教民主同盟(CDU)が首位となったものの、前回より議席を減らした。

原題:Macron Humbled in France as Exit Polls Show Le Pen Win (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE