コンテンツにスキップする

イラン外相、バグダッド入りー米国との緊張で外交による防衛強化

Mohammad Javad Zarif in Beijing on May 17

Mohammad Javad Zarif in Beijing on May 17

Photographer: THOMAS PETER/AFP
Mohammad Javad Zarif in Beijing on May 17
Photographer: THOMAS PETER/AFP

イランはイラクやオマーンを含む湾岸諸国を舞台に、外交による防衛戦略を強化している。米国は先週、中東地域への米軍増派に加え、議会承認の手続きを経ずにサウジアラビアなどに武器を売却する計画を発表。米国主導の軍事連合が構築され、イランが追い詰められる事態を避けることが目的のようだ。

  イランのザリフ外相は25日遅くにイラクの首都バグダッドに到着。米国との対立について協議すると、準国営のイラン学生通信(ISNA)が報じた。26日にはアラグチ外務次官がオマーンやクウェート、カタールを含む湾岸諸国歴訪を始めたと、国営イラン通信(IRNA)が伝えた。

  IRNAによれば、ザリフ外相はバグダッドで記者団に対し、湾岸のアラブ諸国全てに対してイランとの不可侵条約を提案したことを明らかにした。

原題:Iran Starts Regional Shuttle Diplomacy Amid U.S. Tensions (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE