コンテンツにスキップする

ジョンソン英政権誕生か、EUには悪夢-合意なき離脱が現実味

  • メイ首相退陣表明で保守党は党首選へ、最有力候補にジョンソン氏
  • 合意の有無にかかわらず、10月末で離脱-ジョンソン氏が言明

メイ英首相の政治的な終焉(しゅうえん)を目の当たりにした欧州連合(EU)の指導者らは、これは避けられないことだったとの感覚を抱いたかもしれない。その感覚は恐怖に取って代わられつつある。

  メイ首相退陣は英国のEU離脱問題の行き詰まりを打開するのではなく、EUが長らく悪夢だと考えてきたシナリオが現実になるリスクを高めた。つまり、ジョンソン前外相率いる新政権の誕生だ。前外相は2016年の国民投票で偽りの公約を掲げてEU離脱を訴え、選挙戦を混乱させてキャメロン前首相を辞任に追い込んだ張本人というイメージがEU内では強い。

  メイ首相は予測可能で、欠点はあったにしても明確な戦略があったとEU首脳の多くは考えている。ところがジョンソン外相については、EUを破壊したい単なるうそつきのポピュリストという認識だ。

1481812633_28_259761674

EU離脱の是非を問う英国民投票で、離脱支持を訴えたジョンソン氏(2016年)

撮影:Luke MacGregor / Bloomberg

  ジョンソン前外相はメイ首相の退陣表明を受け、自身が次期首相になれば合意なきEU離脱を準備しつつ、アイルランド国境問題を巡る有害な「バックストップ措置」を再交渉するためブリュッセルを訪問すると発言。EUが拒めば、合意なき離脱に踏み切る用意はできていると言明した。

  スイス・インターラーケンの会合で前外相は「条件の良い合意を得る方法とは、合意なしの状況に備えることだ」とし、10月末の期限をもって合意の有無にかかわらず英国はEUを離脱すると確信していると語った。

  ジョンソン氏に対するEU側の懸念は根深い。同氏は1989年から94年まで英紙「デーリー・テレグラフ」の特派員としてブリュッセルに駐在したが、必ずしも裏付けが明確でない仰々しい見出しの記事で反EU感情をあおったと評価されている。さらに最近では2016年に、EUの野心をナチス・ドイツのヒトラー総統になぞらえ、EU諸国をいら立たせた。

  こうした経緯があるため、ジョンソン氏との交渉は極めて難しくなるだろうと、複数のEU関係者は述べた。関係者の1人によると、EUの英離脱交渉担当者はすでに、ジョンソン氏率いる英政権に対処する策を協議した。同氏は合意の再交渉を拒むEUの姿勢を硬化させ、EU首脳がこれ以上の離脱延期を認める可能性を低下させるだろうという。

  皮肉なことに、これがEUが恐れ、ジョンソン氏が望む「合意なき離脱」の可能性を高めることになると、関係者は指摘した。

原題:Boris Johnson as U.K. Prime Minister Is the EU’s Worst Nightmare(抜粋)
Tory Favorite Boris Johnson Says He Wants a Pragmatic Brexit (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE