コンテンツにスキップする

マクドナルドの職場で暴力事件頻発、従業員が安全対策強化求める

  • 職場での暴力事件巡るマクドナルドの対応について当局に調査要請
  • 職場の安全に重点を置いた訓練プログラムを発表するとマクドナルド

米国の地方メディアにマクドナルドでの暴力事件のニュースが流れるのは平均して36時間に1回のペースだ。シカゴの従業員団体は労働者が職場で暴力の危険に日常的にさらされているとして、全米レベルの対応を同社に求めている。

  米労働省・職業安全衛生管理局(OSHA)への20日の申し立てによると、ある店舗の従業員は銃で脅されたり、ホットコーヒーによる攻撃を受けたりしたほか、顧客が投げる食べ物から身をかわさざるを得ないこともあった。

  法人としてのマクドナルドなどの名前を挙げた同申し立てで、従業員らは「職場で暴力を振るわれるケースが頻発しているにもかかわらず、雇用主はわれわれを守るための安全対策を何ら講じていない」と主張。米国内数千の店舗での暴力を巡るマクドナルドの対応について「体系的な」調査を開始するようOSHAに求める書簡も送った。

  この書簡に引用された民間シンクタンクの全米雇用法プロジェクト (NELP)のデータによると、過去3年間に米国内のマクドナルド店舗で起きた暴力事件に関する現地メディアの報道は721件に上り、その大半が銃絡みだ。

A McDonald's Corp. Restaurant Ahead Of Earnings Figures

イリノイ州のドライブスルーで客に飲み物を手渡す従業員(2015年7月20日)

Photographer: Daniel Acker/Bloomberg

  書簡について質問されたマクドナルドは、自社所有店舗での職場の安全に重点を置いた全国的な訓練プログラムを年内に発表すると表明。発表文で「当社のレストランで働く誰もが安全で、従業員を大事にする環境で職務を遂行する資格があると信じており、当社はフランチャイズと共に、顧客と従業員にとって安全な環境作りを促進するプログラムに投資している」と説明した。

  ただ、警察当局のデータや通報記録、従業員の証言からは、実際の暴力事件発生件数が現地で報道されているよりもはるかに多いことが示唆されていると、OSHA元幹部で現在はNELPで労働者のため健康・安全プログラムを手掛けるデボラ・バーコウィッツ氏は指摘する。セントルイスの例では、過去3年間にメディアが報じたマクドナルドでの暴力事件は3件だったが、警察の記録では67件に上っていた。

  同氏はインタビューで、「全米のマクドナルドでは職場での暴力事件が極めて日常的で、実に危険であることは明らかだ」と指摘。「このクラスの規模とリソースを持つ企業が従業員の保護に乗り出していないのは驚きだ」と述べた。

原題:McDonald’s Workers Want OSHA to Investigate Pattern of Violence(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE