コンテンツにスキップする

ボーイング737MAX巡る当局者会合は「かなり前向き」-FAA

  • 運航停止の同型機に関する協議で31カ国がテキサス州に集結
  • パイロットのシミュレーター訓練の必要性などが話し合われた
American Airlines Group Inc. Boeing Co. 737 Max planes sit parked outside of a maintenance hangar at Tulsa International Airport (TUL) in Tulsa, Oklahoma. 

American Airlines Group Inc. Boeing Co. 737 Max planes sit parked outside of a maintenance hangar at Tulsa International Airport (TUL) in Tulsa, Oklahoma. 

Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg
American Airlines Group Inc. Boeing Co. 737 Max planes sit parked outside of a maintenance hangar at Tulsa International Airport (TUL) in Tulsa, Oklahoma. 
Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

ボーイング737MAXの運航再開に向けて必要措置を協議するため米連邦航空局(FAA)が世界各国の当局者と開いた会合について、エルウェル局長代行は23日、非常に勇気付けられる内容だったと述べた。会合ではパイロットの追加訓練の必要性などが話し合われた。

  エルウェル局長代行はテキサスで開かれた会合後に記者団に対し、会合は「包括的かつ建設的」だったと発言。「かなり前向きだった。私はとても励まされた」と語った。会合には中国、カナダ、オーストラリア、シンガポールを含む31カ国と欧州航空安全庁(EASA)などの代表者が出席した。

House Aviation Subcommittee Holds Hearing On Status Of Boeing 737 MAX

FAAのエルウェル局長代行

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  同局長代行によると、会合でFAAは機首を自動的に下げるシステムに関するシミュレーター訓練が義務化されるかどうかについて言及した。他国でこうした訓練が義務化される可能性があるかについては、承知していないと述べ、「シミュレーター訓練が必要だと立ち上がって発言した国はなかった」と説明した。

原題:FAA Calls 737 Max Summit of Regulators ‘Exceedingly Positive’ (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE