コンテンツにスキップする
Subscriber Only
Photographer: Toru Hanai/Bloomberg
Cojp

日経平均さらに3%下落も、海外勢が年初来の先物買いを解消なら

  • 海外投資家は日本株先物を3週連続売り越し、計1兆2836億円
  • 日経平均の海外勢の売買感応度は1兆円で2.5%-大和証試算

年初から日本株の先物を買ってきた海外投資家が売りに転じてきた。ことしの買い越し分を解消すると、日経平均株価は現水準からさらに3%下がるとの試算がある。

4月4週から3週連続売り越し

  海外勢は年初から日本株先物(ミニ含めたTOPIXと日経平均の合計)を買い越し傾向にあったが、4月4週から5月2週までは3週連続で売り越し。3週間の売越額は1兆2836億円と、4月3週時点の年初来買越額の半分近くを解消した。日経平均はこの間に950円(4.3%)下落した。

  大和証券投資情報部の石黒英之シニアストラテジストは「海外勢は世界景気のV字回復を期待して先物を買ってきたが、景気の楽観論が後退し、読みが外れたヘッジファンドは世界景気敏感株の日本株を外す動きを加速させている」と語る。同氏が2016年8月以降の日経平均と海外勢の先物売買の関連性を調べたところ、1兆円で日経平均を2.5%変動させるとの結果が得られた。

  同氏は景気の先行き不安から今後さらに売ってくる可能性があるとした上で、「もし残り1兆2000億円余りを売ると日経平均を3%程度を押し下げる計算になり、2万-2万500円程度まで覚悟しなければならない」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE