コンテンツにスキップする
Photographer: Brendan Smialowski/Bloomberg

年内の米利下げ期待、投資家は「積極的過ぎる」-ブラックロック

  • 先物データによれば、年内利下げ確率は70%を超えている
  • 「織り込まれている緩和の程度という点では今、若干極端なよう」
The U.S. Federal Reserve building stands in Washington D.C.
Photographer: Brendan Smialowski/Bloomberg

米連邦公開市場委員会(FOMC)の年内利下げを期待する投資家は「積極的過ぎる」と米ブラックロックはみている。

  同社で債券担当チーフストラテジストを務めるスコット・ティール氏は、運用担当者が米中貿易摩擦など地政学絡みの雑音に過剰反応している可能性があると指摘した。ブルームバーグが集計した先物データによれば、FOMCが2019年のいずれかの時点で利下げを行う確率は70%を超えている。

  同氏はブルームバーグテレビジョンで、「ファンダメンタルな状況」と米連邦準備制度理事会(FRB)が22日公表したFOMC会合(4月30日、5月1日分)の議事要旨の内容を踏まえれば「織り込まれている緩和の程度という点では今、若干極端なように見える」と述べた。

スコット・ティール氏

(出典:ブルームバーグ)

原題:BlackRock Says Market Is ‘Too Aggressive’ in Pricing in Rate Cut(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE