コンテンツにスキップする

ダラス連銀総裁:次の金利行動は利上げにも利下げにもなり得る

  • 次の動きは現時点で判断就かず、低インフレは辛抱強い立場を強める
  • エスカレートする貿易摩擦の今後の展開を注視、米国の成長鈍化も

貿易摩擦の激化は米経済にとって懸念要因だが、それが意味する次の金利の動きが利上げなのか利下げなのかを米ダラス連銀のカプラン総裁は判断しかねている。

  カプラン総裁は23日の会合後に記者団に対し、「次の動きが利上げか利下げかについては、現時点では分からない」とコメント。「私は確信が持てない。今の貿易摩擦がどう展開するのか極めて注意深く見ている」とし、それが米国の成長を鈍らせる可能性があると警告した。

  同総裁の発言は、次の金利の動きを巡る判断に際し、エスカレートする米中貿易戦争の影響を見極めながら辛抱強いアプローチを取るパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長を支持するものだ。投資家は年内1回の利下げを見込むが、22日公表された連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、「しばらくの間」は辛抱強さが適切との当局者の認識が示された

  カプラン総裁も「ここでのキーワードは『当面は』なのだが、当局の金利設定は当面は、適切な領域にあると考えられる」と話した。

  アトランタとリッチモンド、サンフランシスコの各地区連銀総裁と共にパネル討論会で話したカプラン総裁は、オンラインショッピングなどの普及が企業の価格決定力を低下させていると指摘した。こうした情勢が重しとなり、インフレ率は当局の2%目標を過去7年間の大部分の期間にわたって下回っている。

  同総裁は、抑制されたインフレが金利に関して辛抱強く臨むFOMCの立場を強めていると述べ、「ここ1カ月の新たな展開は、貿易摩擦が激化し、ビジネスの不確実性が増した点だ。それがどう展開し、どの程度持続するかが明らかになるにはしばらく時間がかかるだろう」と語った。

原題:Fed’s Kaplan Says Next Interest Rate Move Could Be Up or Down(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE