コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル指数が上げ消す、米国債利回り低下でー円高い

更新日時

23日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が一時5カ月ぶり高水準をつけた後、上げを消した。米国債利回りの低下が影響した。米製造業のデータが日本や欧州と同様に弱く、米中貿易戦争の中で世界成長が減速しつつあることが示唆された。

  • ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%低下。一時は0.3%上昇して昨年12月半ば以来の高値をつけた。原油価格の急落はカナダ・ドルを圧迫し、加ドルは主要10通貨で下落率トップ
  • IHSマークイット・エコノミクスが発表した5月の米製造業購買担当者指数(PMI)速報値は9年ぶり低水準、およびサービス業PMIは3年ぶり低水準にいずれも低下。4月の米新築住宅販売は市場予想を下回った。米国債利回りの低下もドル下落につながった
  • 主要10通貨の中では円やスイス・フランが上昇、逃避需要が支え
    • ユーロ圏PMIは小幅な伸び、需要伸び悩む-製造業不振続く
    • ドイツの企業景況感指数は4年半ぶりの低水準
    • 欧州議会選挙を巡るリスク、イタリアと英国、フランスに注目
  • ポンドは引き続き低調。メイ英首相は24日に辞任時期を発表する見通し
  • ドルは対ユーロで0.3%安の1ユーロ=1.1181ドル。対円では0.7%安の1ドル=109円61銭
Yen is moving with Treasuries amid haven demand

欧州時間の取引

  ユーロが3日続落。域内の成長が引き続き抑制されていることがデータで示された。ただ対ポンドで買われる中、ユーロの下げは限定的だった。

原題:USD Pares Gain, Succumbing to Lower Treasury Yields: Inside G-10(抜粋)
Euro Drop on Data Contained as Pound Extends Losses: Inside G-10

(相場を更新、情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE