コンテンツにスキップする
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

原油先物が急落、今年最大の下げ-米中貿易巡る懸念で

Vapour rises from oil processing and refining structures in the Duna oil refinery, operated by MOL Hungarian Oil & Gas Plc, in Szazhalombatta, Hungary, on Monday, Feb. 13, 2019. Oil traded near a three-month high as output curbs by OPEC tightened global supply while trade talks between the U.S. and China lifted financial markets.
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

ニューヨーク原油先物相場は23日に急落し、今年最大の下げとなった。貿易を巡る米国と中国の対立悪化で、リスク資産を回避する動きが強まった。

  ニューヨーク市場の原油先物は6%近い下げ。終値ベースの下落率としては昨年12月24日以来最大。この日は米株式相場も大きく下落した。中国は、米国がルールを破っていると批判。米国では議会が、5Gネットワークに関して中国の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の機器・サービスの利用を禁じる法案をまとめた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物7月限は前日比5.7%安の1バレル=57.91ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント7月限は4.5%安の67.76ドル。

Flight from risk sparks crude's biggest plunge this year

原題:Oil Suffers Worst Day of 2019 as Trade Turmoil Swamps Confidence(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE