コンテンツにスキップする

クレジットがスイートスポット、景気後退リスク低い-JPモルガン

世界的な通商を巡る緊張や強いドルに加え、米国がリセッション(景気後退)に陥るリスクが限定的なため、クレジットが「スイートスポット」になると、JPモルガン・アセット・マネジメントのグローバルマルチ資産ストラテジスト、スシュカ・マハラジ氏が述べた。

  • 貿易戦争の結果、新興国市場では勝者と敗者がはっきりと分かれている
  • ドル上昇は依然として発展途上国の証券に打撃を与え、中国・人民元の下落は一部のアジア資産にネガティブだ
  • サプライチェーンの障害が一部の発展途上国に恩恵をもたらすだろう
  • JPモルガンは新興国市場株式についてはよりニュートラルと、マハラジ氏
  • 債券市場は今後12-24カ月のリセッションリスクを軽視できないと留意しているが、短期的なリスクは低い

原題:JPMorgan Sees ‘Sweet Spot’ for Credit as Recession Risk Is Low(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE