コンテンツにスキップする

米失業保険申請件数:5週間ぶり低水準、タイトな労働市場を示唆

更新日時

先週の米週間失業保険申請件数は市場予想に反して前週から減少し、5週ぶり低水準となった。景気に関して強弱まちまちの兆候が見られる中、雇用市場は歴史的にタイトな状況が続いていることが新たに示唆された。

キーポイント
  • 新規失業保険申請件数は前週比1000件減の21万1000件
    • エコノミスト予想中央値は21万5000件への増加
  • より変動の少ない4週移動平均 は22万250件に減少

インサイト

  • 失業保険申請件数はこれで3週連続の減少となり、労働市場がなお健全な状況にあることを示唆。失業率がほぼ50年ぶり低水準にあることや着実な賃金の伸びが背景

詳細

  • 失業保険の継続受給者数は5月11日までの1週間に1万2000人増えて167万6000人
  • 週間新規失業保険申請の表
  • 失業保険申請・継続受給者の時系列表

原題:U.S. Jobless Claims Hit Five-Week Low Amid Tight Labor Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE