コンテンツにスキップする

トランプ大統領、下院民主党との協議を拒絶-「偽り」の調査理由に

  • 自身への調査は偽り、終わらせるべきだと大統領
  • トランプ氏はペロシ議長やシューマー氏との協議の場を飛び出す

トランプ米大統領は22日、下院民主党が自身への調査をやめなければインフラ計画を含む超党派政策に一緒に取り組むつもりはないと述べ、対決姿勢を強めた。

  トランプ大統領はホワイトハウスでペロシ下院議長、シューマー民主党上院院内総務に「こんな偽りの調査は終わらせるべきだ」と語ったことを明らかにした。一方、民主党側によれば、トランプ大統領はペロシ議長らに話をさせず、飛び出していったという。

  その後間もなく、記者団はホワイトハウスのローズガーデンに集められ、トランプ大統領はそこに設けられた演壇で長々と即興のスピーチを行い、ペロシ議長から「隠ぺい」をしていると非難されたと不満を表した。

  トランプ大統領は、「会合に楽しく入るどころか、いきなり隠ぺいをしていると言われた。私は隠ぺいなどしていない」と語った。

  この日、インフラ計画について話し合うため議会民主党指導部はホワイトハウスに招かれた。しかしディック・ダービン上院議員によれば、トランプ大統領は室内に入ってきて、現在の調査を理由に協議はできないと言い放ち、会合は突然「劇的に」終わったという。

  ペロシ議長はこの後、記者団に対し「私は米大統領のために、そして米国のために祈る」と語った。

  その後、トランプ大統領は「民主党指導部は米国をずたずたに引き裂いているが、私は引き続き米国民のために記録を打ち立てていく。そしてペロシ議長、祈ってくれてありがとう。あなたが本気でそう思っていることを私は知っている!」とツイートした。

原題:Trump Spurns Infrastructure Talks Over ‘Phony’ Democratic Probes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE