コンテンツにスキップする

「中国企業は米国でごみ箱すら買えない」-JPモルガンのテック担当

  • テック投資銀責任者のナンブリ氏は政治情勢を注視している
  • PEはスタートアップ企業買収にますます関心を持っていると同氏
A Chinese national flag flies as a man uses a smartphone in Shanghai, China.

A Chinese national flag flies as a man uses a smartphone in Shanghai, China.

Photographer: Bloomberg/Bloomberg
A Chinese national flag flies as a man uses a smartphone in Shanghai, China.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

米中関係が非常に緊迫したことで、中国企業との取引が米国で成立する見込みは事実上なくなったとJPモルガン・チェースのテクノロジー・インベストメントバンキング責任者が指摘した。

  JPモルガンのマドゥー・ナンブリ氏はトロントで22日に開かれたテクノロジーサミットで、「あなたが中国企業なら当面は米国で何も、ごみ箱すら絶対に買うことはできないだろう」と発言した。プライベートエクイティ(PE、未公開株)ファンドはその一方で、ベンチャーキャピタルが支援するテック系のスタートアップ企業の買収にますます関心を持っていると同氏は語った。

原題:Chinese Firms Can’t Buy a ‘Trash Can’ in U.S., JPMorgan Says (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE