コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国のAI企業「科大訊飛」、大幅安-米ブラックリスト入り懸念で

  • 米政府が「エンティティーリスト」に科大訊飛など追加する可能性
  • 深圳上場の科大訊飛は一時8.2%下落-美亜柏科は同8.4%安
Iflytek Co. Vice President Du Lan Interview and Views Inside Regional Headquarters
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

23日の中国株式市場で、音声認識を手掛ける科大訊飛の株価が大幅下落。米国製部品などの調達が事実上禁止される「エンティティーリスト」に同社も掲載される可能性があるとブルームバーグが報じた

  深圳市場に上場する科大訊飛は一時8.2%下落。深圳総合指数は現地時間午前10時52分(日本時間同11時52分)現在、0.6%安。事情に詳しい複数の関係者によると、米政府は美亜柏科信息や曠視科技などに加え、科大訊飛に対する禁輸措置を検討している。美亜柏科は一時8.4%安。

Iflytek tumbles in Shenzhen as U.S. sets sights on company

原題:China’s Siri Plunges as Trump Widens Assault on Tech Firms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE