コンテンツにスキップする
Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America

シティもテスラの目標株価を引き下げ、モルガンSなどに続き

  • 需要・キャッシュフロー巡る根強い懸念を指摘-株価は6日続落
  • モルガンSは最悪ケースの株価予想を10ドルまで下げていた
Tesla Posts Large Quarterly Loss
Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America

電気自動車(EV)メーカー、米テスラの株価が22日、一時、2016年12月以来の安値を付けたことを受け、シティグループのアナリストも目標株価を引き下げた。

  シティのアナリスト、イタイ・ミカエリ氏は「マイナス方向に偏った」リスクと、需要・キャッシュフローを巡る根強い懸念を理由に、目標株価を従来の238ドルから191ドルに引き下げた。テスラの22日終値は6%安の192.73ドル。一時、191.78ドルを付けた。これで6日続落。

  ミカエリ氏はテスラが今月24億ドル(約2650億円)の資金を調達したことは「前向きな一歩」だが、同社がフリーキャッシュフロー目標を達成できなければ、「バランスシートが危機を脱するとは必ずしも言えない」と指摘。「自動車メーカーのバランスシートは常に信頼の『スパイラル』リスクにさらされて」おり、テスラは良いものであれ悪いものであれ、近いうちに「より正式な」見通しを示さなければならないと述べた。

  今週に入って、アナリストらは相次いでテスラの目標株価を下げていた。

  モルガン・スタンレーはテスラがEV市場を飽和状態にしたとの懸念から、最悪のシナリオの株価見通しを10ドルまで引き下げた。テスラ強気派で知られるロバート・W・ベアードのベン・カロ氏も、テスラを取り巻く否定的なコメントが好転するまでには数カ月かかる可能性があるとし、目標株価を400ドルから340ドルに下げた。

原題:Tesla Bears Keep Piling on as Citi Is Latest to Lower Target (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE