コンテンツにスキップする

ウニクレディト、不良債権の売却を計画-最大50億ユーロ相当

イタリアの銀行ウニクレディトは、額面で最大50億ユーロ(約6151億円)相当の不良債権を売却する準備を進めている。事情に詳しい関係者が明らかにした。新たな戦略計画の発表を控え、長期に及んでいる財務改善作業を加速させる。

  情報が公になっていないとして匿名を条件に述べた関係者によると、ウニクレディトは手放す融資債権の特定と、売却の仕組みを決める過程に入っている。

  ウニクレディトの広報担当者はコメントを避けた。

原題:UniCredit Planning to Sell Up to $5.6 Billion of Soured Loans(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE