コンテンツにスキップする

米ロウズ株、08年以来の大幅安-通期利益見通し下方修正で

ホームセンターの米ロウズの2-4月(第1四半期)決算は、利益が予想を下回った。さらに、コスト上昇圧力があるとして、通期利益予想を下方修正した。業績改善の行方に疑問が生じたことで、ロウズ株は22日の米市場で一時12%安と、日中ベースで2008年以来の下げ。

  • 同社は通期の調整後1株利益について5.54-5.74ドルを見込む。従来予想は6-6.10ドル。2-4月の調整後1株利益はアナリスト予想を下回った

インサイト

  • マービン・エリソン最高経営責任者(CEO)は米国の消費者は「健全」だとし、需要には問題がないと説明
  • 昨年は卸売価格上昇への対処を試みたが、小売価格の引き上げでその影響を相殺するに至らず、利益率が悪化-エリソンCEO、インタビューで発言
  • 現在は価格を引き上げており、下期に粗利益率は改善する見込み-エリソンCEO
  • 悪天候も業績に影響し、既存店売上高は2月に1.4%減少。ただ3月は3.5%増、4月は7.2%増と持ち直した
  • 発表資料

原題:Lowe’s Plunges Most Since 2008 as Investors’ Optimism Runs Dry(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE