コンテンツにスキップする

コメルツ銀行CEO、M&A検討する可能性を示唆-具体名は挙げず

  • 今秋に新戦略を公表する方針をあらためて表明
  • ドイツ銀との合併交渉打ち切り後、複数の欧州銀がコメルツに関心

ドイツ銀行との合併交渉が先月破談に終わったコメルツ銀行は、別の合併・買収(M&A)に扉を開いている。

Commerzbank AG Reports Better Than Expected Earnings

コメルツ銀行のマルティン・ツィールケCEO

Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

  マルティン・ツィールケ最高経営責任者(CEO)は22日の年次株主総会で、今秋に発表する新戦略の一部として、本来業務による成長以外の選択肢も検討していると表明。成長と利益率押し上げのために欧州他国ないし国内の同業との合併を検討する可能性を示唆した格好だが、ツィールケCEOは具体的な企業名には言及しなかった。

  事情に詳しい関係者によると、ドイツ銀との交渉打ち切り以来、コメルツ銀にはオランダのINGグループ、イタリアのウニクレディトなど複数の欧州銀行が関心を示している。ツィールケCEOはこの日、INGのラルフ・ハマーズCEOとは1年で2度会っていると認めたが、協議を始めるような具体的な提案は受けていないと述べた。

原題:Commerzbank CEO Zielke Reopens Door to M&A in Quest for Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE