コンテンツにスキップする

ソフトバンクとKDDI、ファーウェイ新製品の発売を延期

更新日時
  • NTTドコモは予約受け付けを停止、再開は「今後適切に対応」
  • グーグルのOS動向など顧客への影響を見極め-ソフトバンク

ソフトバンクは22日、格安スマートフォン「ワイモバイル」の華為技術(ファーウェイ)製新製品の発売を延期すると発表した。

  延期したのは「P30 lite」で、当初24日としていた発売時期は未定としている。14日から受け付けていた予約も22日以降は停止した。

Huawei Technologies Co. Chief EU Representative Abraham Liu News Conference

HUAWEIのロゴ

Photographer: Geert Vanden Wijngaert/Bloomberg

  ソフトバンク広報の辻真以子氏は電話取材で、「ファーウェイの機種を導入することで、お客様が利用する上でどのような影響があるのか見極めている」と説明。ファーウェイの端末は、「グーグルのOS(基本ソフト)で動いている。OSをアップデートできるかなど状況をみている」と話した。

  KDDIも、今月下旬に予定していたファーウェイ製の夏モデル「P30 lite Premium」の発売時期を延期すると発表。発売日は未定としている。

  NTTドコモは22日夕、今夏発売予定だったファーウェイの新商品について、事前予約の受け付けを停止すると発表した。広報担当の佐藤貴博氏は電話取材で、受け付けの再開について「現在影響を確認中で、今後適切に対応していく」と述べた。

  ファーウェイを巡っては、新型端末に搭載を予定するOSに関する機能の一部で米グーグルがアクセスを遮断することが確認された。米政府によるブラックリスト指定を受け、半導体や部品、ソフトウエアの供給が不安視されている。

  ファーウェイ・ジャパンの広報担当者は通信3社の対応について、コメントできないと電子メールで回答した。

(ドコモの発表を踏まえ情報を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE