コンテンツにスキップする

中信銀行と百度のフィンテック企業、最大1100億円調達探る

  • 15年に設立した百信銀行、数カ月以内の調達完了目指す
  • 百信銀は個人向けに無担保で最大30万元を融資
A man walks past a sign for Baidu Inc. at the entrance to the Baidu Technology Park in Beijing, China, on Friday, Nov. 25, 2016. 

A man walks past a sign for Baidu Inc. at the entrance to the Baidu Technology Park in Beijing, China, on Friday, Nov. 25, 2016. 

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
A man walks past a sign for Baidu Inc. at the entrance to the Baidu Technology Park in Beijing, China, on Friday, Nov. 25, 2016. 
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国の中信銀行と検索大手の百度が合弁で設立したフィンテック企業が最大70億元(約1100億円)の調達を探っている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  関係者の1人によれば、両社が2015年に設立したオンラインの百信銀行が今後数カ月以内の調達完了を目指している。協議は続いており、詳細が変わる可能性もあると関係者らは話した。非公開情報だとして匿名を条件に述べた。

  百度の担当者はコメントを控えた。百信銀行は電子メールで、「さらに公表できるものは何もない」と回答した。

  百信銀行のウェブサイトによると、同行は個人向けに無担保で最大30万元を融資する。18年の資料によると、中信銀行が百信銀行に70%出資、百度が残りの株式を保有している。

原題:Citic, Baidu Are Said to Seek Up to $1 Billion for Online Bank(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE