コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国監視カメラのハイクビジョン株、大幅安-NYT紙報道を嫌気

  • 米政権は部品輸出を制限するかどうか今後数週間で最終決定下す可能性
  • 深圳市場に上場するハイクビジョン株は9.6%安で取引を開始
A man stands on an elevated platform while performing maintenance work on a surveillance camera in front of the Shanghai Tower, right, and the Jin Mao Tower in the Lujiazui Financial District in Shanghai, China, on Monday, Feb. 26, 2018. Xi Jinping's decision to cast aside China's presidential term limits is stoking concern he also intends to shun international rules on trade and finance, even as he champions them on the world stage.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

22日の中国株式市場で、監視カメラ最大手の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)の株価が大きく下げている。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)はトランプ政権が同社への米技術流出の制限を検討していると報じた。

  NYTが事情に詳しい複数の関係者を引用して報じたところによると、ホワイトハウスはハイクビジョンへの米部品輸出を制限するかどうか今後数週間で最終決定を下す可能性がある。実行すれば中国との緊張はさらに高まりそうだ。

  深圳市場に上場するハイクビジョン株は9.6%安の24.95元で取引を開始した。

原題:China Surveillance Giant Hikvision Tanks on U.S. Ban Report(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE