コンテンツにスキップする

エアバス、単通路機A220の航続距離延長へ-新路線開設可能に

  • A220はエアバスが昨年ボンバルディアから獲得した
  • 改良したA220は来年下期から提供可能になる
An Airbus SE A220-300 plane performs during the flying display on the opening day of the Farnborough International Airshow.

An Airbus SE A220-300 plane performs during the flying display on the opening day of the Farnborough International Airshow.

Photographer: Simon Dawson/Bloomberg
An Airbus SE A220-300 plane performs during the flying display on the opening day of the Farnborough International Airshow.
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

欧州エアバスは昨年カナダのボンバルディアから獲得した単通路機A220の航続距離を約450カイリ(約833キロメートル)伸ばす方針だ。これまでかなわなかった新路線の開設を可能にすることで米ボーイングに対抗する。

Airbus Chief Commercial Officer Christian Scherer

クリスティアン・シェーラー氏

出典:エアバスSE

  エアバスの営業責任者クリスティアン・シェーラー氏は21日、フランス・トゥールーズの同社工場で記者会見し、ボンバルディアCシリーズから改名したA220の航続距離を延長すると発表した。西欧と中東を結ぶ路線や東南アジアとオーストラリアを結ぶ路線の開設が可能になる見通し。改良したA220は来年下期から提供可能になる。

原題:Airbus Extends Ex-Bombardier Jet’s Range to Challenge Boeing (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE