コンテンツにスキップする
Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg

転移性大腸がんの3剤併用療法で生存期間延ばす-アレイ株急伸

  • 3剤併用療法の患者群OSが9カ月-mCRC患者対象の第3相試験
  • 今年下期に試験結果を当局に提出する方針-販売承認獲得に向け
A technician prepares a sample inside a laboratory in Hong Kong.
Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg

21日の米株式市場でアレイ・バイオファーマの株価が23%高で終了した。転移性大腸がん(mCRC)患者を対象とする臨床試験結果で、化学療法を併用せずに遺伝子変異を標的とする初のレジメンが実現する可能性が示唆された。

  BRAF遺伝子変異陽性のmCRC患者600人余りを対象とする第3相試験の中間解析で、BRAF阻害剤「ビラフトビ」とMEK阻害剤「メクトビ」、イーライリリーの抗EGFR抗体「アービタックス」のトリプレット(3剤併用)療法を受けた患者の全生存期間(OS)は9カ月だった。これに対し、アービタックスと化学療法、ビラフトビとアービタックスの2剤併用ではそれぞれ5.4カ月、8.4カ月にとどまった。

  アレイは販売承認獲得に向けて今年下期に試験結果を当局に提出する方針。このトリプレット療法は米食品医薬品局(FDA)からBRAF遺伝子変異陽性mCRCの「ブレークスルーセラピー」に指定されている。

Array shrugs off early drop as Street digests data

原題:Array Jumps as Colon Cancer Combo Helps Patients Live Longer (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE