コンテンツにスキップする

米百貨店コールズ株が急落、通期の利益予想引き下げ-2~4月低調

21日の米株式市場で、米百貨店大手コールズの株価が急落。通期見通しの下方修正や、2-4月(第1四半期)の既存店売上高がアナリスト予想を大きく下回ったことが嫌気された。予想外の業績不振は、アマゾン・ドット・コムとの提携以外にも顧客獲得に向けた取り組みが必要なことを示唆している。

  • 2-4月の既存店売上高は3.4%減。コンセンサス・メトリックスがまとめたアナリスト予想は0.1%減だった。通期利益は一部項目を除いたベースで1株当たり5.15-5.45ドルと予想。3月時点での予想(5.80-6.15ドル)から引き下げた。株価は寄り付きで一時14%下落

インサイト

  • コールズの決算は同業メーシーズとは対照的。メーシーズが先週発表した第1四半期決算では、売上高が回復した
  • コールズの四半期利益が市場予想を下回ったのは、2018年度第3四半期(17年8-10月)以降で初めて
  • アマゾンとの提携強化は明るい要素、コールズは7月からアマゾン利用者からの返品を全店で受け付ける

原題:Kohl’s Shares Drop After Forecast Cut, Big Quarterly Miss(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE