コンテンツにスキップする

ホワイトハウス、マクガーン元法律顧問の議会証言を阻止

  • トランプ氏の司法妨害疑惑調査で民主党が元顧問の証言求める
  • マクガーン氏は21日の下院司法委の公聴会に出席しない-弁護士

ホワイトハウスは20日、元大統領法律顧問のドン・マクガーン氏による議会証言の阻止に動いた。民主党はトランプ大統領がモラー特別検察官によるロシア疑惑捜査を妨害した疑いを調査しており、マクガーン氏の証言を求めている。

  ホワイトハウスのシポローネ法律顧問は下院司法委員会のナドラー委員長に宛てた書簡で、大統領の側近には強制的な証言を拒否できる憲法上の免責特権があることを指摘。「21日に予定されている委員会の公聴会に出席しないよう大統領がマクガーン氏に指示した」と説明した。

  モラー特別検察官の捜査終了後、議会は大統領を調査する権限を巡ってホワイトハウスと対立しているが、マクガーン氏の証言阻止でこれがさらにエスカレートする可能性がある。民主党はトランプ氏の司法妨害疑惑について調べるためにはマクガーン氏の証言が必要だとしている。

  マクガーン氏がホワイトハウスの指示に従って出席を拒んだ場合、同委は同氏を侮辱罪に問う可能性がある。マクガーン氏の弁護士は20日遅く、同氏は21日に証言しないと述べた。

原題:White House Moves to Block McGahn From Testifying to House Panel(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE