コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

貿易交渉頓挫で様変わり、トレーダーらがS&P500種空売りで自衛

  • 空売り比率、3月に記録の年初来高水準に近づく
  • 新しいニュースに反応し相場が下げれば、適応する必要とメイリー氏
Pedestrians walk along Wall Street near the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Monday, March 11, 2019. U.S. stocks bounced back from the worst week of the year, as chipmakers rallied on deal news and the latest retail-sales data boosted confidence that the economy isn't headed for a downturn.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

米株式相場の反発にこれまでほどの勢いがなくなってきた。通商協議の行き詰まりが深刻化する兆候の中で、トレーダーらは自衛策をとり始めた。

  米国株は20日、今月しばしば見られたように午後に反発することなく、下落で終了。テクノロジー株とナスダック100指数が下げの中心だった。 一段の下げに備えるヘッジとして、S&P500種株価指数に連動する上場投資信託(ETF)の空売りが増えた。

  ミラー・タバク+の株式ストラテジスト、マット・メイリー氏は「貿易交渉が頓挫したことは大きな変化だ。市場が新しいニュースに反応して下げた時は、適応する必要がある」と話し、「当初の反発が続かないと、人々は押し目買いをやめる」と付け加えた。

  データ会社IHSマークイットによると、SPDR・S&P500ETFトラスト(SPY)の発行残高に対する空売りの比率は6.4%と、3月に記録された今年の最高に近づき、昨年10-12月期中のどの時期よりも高水準に達した。

Bets against SPY climb toward the highest levels of the year
Force of dip buying has faded in last two sessions

原題:Pain Proving More Durable in S&P 500 as Traders Lean on Shorts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE