コンテンツにスキップする

トルコ、リラ防衛策を強化-銀行の外貨買い抑制

  • 大規模な外貨買いについて決済を現行の当日から翌日に変更命じる
  • 先週は一部の外為取引への0.1%課税を再開

トルコ政府は銀行に、大規模な外貨買いについて決済を翌日とすることを命じた。通貨リラの防衛策を強化した。

  銀行監督当局は10万ドル(約1100万円)相当以上の全てのリテール取引を、現行の当日決済から翌日決済に変更するよう指示した。20日に銀行に送付された文書をブルームバーグが検証、銀行関係者3人が内容を確認した。当局はこの動きについてこれまでのところコメントしておらず、リラ相場も直ちには反応していない。20日午前には上昇し、イスタンブール時間午後11時50分(日本時間21日午前5時50分)時点で0.5%高の1ドル=6.028リラだった。

  米国との政治対立や地方選挙後の政治的混乱などでリラは売り込まれ、トルコ政府は通貨防衛措置を打ち出している。先週はリラ売りに対する0.1%の課税を約10年ぶりに復活させた。

原題:Turkey Steps Up Lira Defense With Move to Slow Down FX Purchases(抜粋)
Turkey Tells Banks to Slow FX Purchases in Latest Lira Defense

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE