コンテンツにスキップする

給料とライフスタイル、どちらも大事ならサンフランシスコ

  • サンフランシスコは給与と可処分所得で共にチューリヒ抜いて1位
  • チューリヒは生活の質で首位、モノやサービスの費用でもトップ級
A technician test drives a Skip Transportation Inc. scooter outside company's repair shop in San Francisco, California, U.S.

A technician test drives a Skip Transportation Inc. scooter outside company's repair shop in San Francisco, California, U.S.

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
A technician test drives a Skip Transportation Inc. scooter outside company's repair shop in San Francisco, California, U.S.
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

給料とライフスタイル両方の向上を求めるなら、米サンフランシスコに住むのが良いかもしれない。

  ドイツ銀行が世界の主要都市のランキングを項目別にまとめた「マッピング・ザ・ワールド・プライス2019」によると、サンフランシスコは給与と可処分所得(家賃を除く)の項目で共にスイスのチューリヒを抜いて1位となった。

  過去5年間を見ると、サンフランシスコはこれらの項目でそれぞれ7段階と21段階、順位を上げている。

Show Me the Money

San Francisco has dislodged Zurich as the city with the highest salaries 

Source: Deutsche Bank’s “Mapping the World’s Prices 2019”

  ドイツ銀のジム・リード、クレイグ・ニコル、ヘンリー・アレン3氏はリポートで、「サンフランシスコが所得で伝統的な都市を上回った背景には、米テクノロジーセクターの急成長がある」と分析。また、「同市の生活費は年々高くなりつつあり、われわれがカバーしている大半のコスト指標で番付が上昇しているものの、なお世界の主要都市には及ばない。ただ、2ベッドルームの家賃では、香港に次ぐ2位だ」と指摘した。

  こうした順位変動の大部分がここ5年間のドル上昇によるもの。ドルはこの期間に対ユーロで20%、対英ポンドで23%上昇している。

  チューリヒは生活の質の項目で首位だったほか、モノやサービスのコストではトップかそれに近い水準となった。また、引き続きデートに最もお金がかかる都市でもある。

Love Is In the Air

There’s no such thing as a cheap date in Switzerland’s banking hub

Source: Deutsche Bank’s “Mapping the World’s Prices 2019”

Note: Based on cab rides, dinner/lunch for two at a pub or diner, soft drinks, two movie tickets and a couple of beers

  たばこやビールなど「バッド・ハビット(悪い習慣)」については、オーストラリアのメルボルンがノルウェーのオスロを上回り最もコストが高かった。チューリヒは54都市中19位。

原題:San Francisco Topples Zurich as Best City to Earn Big Money(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE