コンテンツにスキップする

豪中銀:雇用改善なければ利下げ適切となる可能性高い-議事要旨

更新日時
  • 利下げが適切となる可能性が高い2つのシナリオが検討された
  • 豪中銀が7日開催の政策決定会合の議事要旨を公表した

オーストラリア準備銀行(中央銀行)が7日開いた政策決定会合で、雇用市場のさらなる改善がなければ、利下げが適切となる可能性高いとの認識で一致したことが、21日に公表された議事要旨で明らかになった。緩和の可能性を巡る2つのシナリオが決定会合で検討されたという。

  7日の会合では、政策金利であるオフィシャル・キャッシュレートの誘導目標を1.5%に据え置くことが決定された。

  • 海外の兆候や最近の豪州の弱いインフレ指標を考慮すれば、失業率の一段の低下はインフレ目標の達成と整合的となる見通しであり、今後の雇用市場のさらなる改善がなければ、利下げが「適切となる可能性が高い」という点で政策委員会の見解が一致
  • 失業率が上昇傾向にあり、インフレが弱いままにとどまる場合も利下げが適切となる可能性が高いと政策委は認識

原題:RBA Says Rate Cut Appropriate If No Further Jobs Improvement(抜粋)

(議事要旨の内容を追加して更新します)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE