コンテンツにスキップする

米経済は成長、インフレ圧力は落ち着いている-パウエルFRB議長

パウエル議長

パウエル議長

Photographer: Anna Moneymaker/Bloomberg

パウエル議長

Photographer: Anna Moneymaker/Bloomberg

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は20日、企業債務の増加がもたらすリスクの評価をテーマとする講演で、米経済について短いが楽観的なコメントをした。

  • 「米経済は逆流にもかかわらず、成長持続や力強い雇用創出、賃金上昇を示しており、これら全ての背景には落ち着いたインフレ圧力がある」
  • フロリダ州アメリア島でのアトランタ連銀の年次金融市場会議で行う「企業債務とわれわれの活力に満ちた金融システム」と題する講演のテキストで発言
  • 「企業債務は過去最高水準に近く、最近の発行は最も高リスクのセグメントに集中している。このため、米経済が悪化した場合は一部企業は財務面で深刻な負担を強いられ得る」
  • 「総じて、企業債務や他の要因による金融安定性へのぜい弱さは増していないようだ。われわれは企業債務によるリスクを軽視しないが、米金融システムは十分強く、起こり得る損失に対処できると考える」

  
原題:Powell: Economy Growing, Jobs Strong, Inflation Pressures Muted(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE