コンテンツにスキップする

米司法省、Tモバイルによるスプリント買収に反対に傾く

更新日時
  • 通信2社の譲歩案では独禁懸念解消に不十分との見方
  • 司法省と連邦通信委が合併審査で異なる方向に進むのは異例
A pedestrian passes in front of a Sprint Corp. store in New York, U.S.
A pedestrian passes in front of a Sprint Corp. store in New York, U.S. Photographer: Jeenah Moon/Bloomberg
A pedestrian passes in front of a Sprint Corp. store in New York, U.S.
Photographer: Jeenah Moon/Bloomberg

米司法省は、米携帯電話事業者のTモバイルUSによる同業スプリント買収計画について、承認しない方向に傾いている。同省の審査に詳しい関係者1人が明らかにした。これに先立ち、両社は米連邦通信委員会(FCC)委員長の支持を確保していた。

  調査内容の部外秘を理由に匿名で語った同関係者によれば、両社が当局の承認を得るために20日に提示した譲歩案は、合併で競争が損なわれる恐れがあるとする司法省の懸念を解消するには不十分だった。

  合併審査で司法省とFCCが異なる方向に進むのは異例。通常は審査で協調し、可否について同じ結論に達する。

  FCCのパイ委員長はこの日、合併計画の承認を勧告すると表明していた。両社は計画の承認を得るため、資産売却や地方でのサービス保証といったコミットメントを発表。パイ委員長はこれを評価した。

  審査を巡るニュースでスプリントとTモバイルの株価は激しく変動した。ブルームバーグが司法省の反対姿勢を報じた後、スプリント株は上げ幅を縮小。その後、司法省は計画を承認するだろうとするTモバイルの外部弁護士、ロブ・マクドウェル氏の発言をFOXビジネスが報じると安値から切り返した。Tモバイルも値を戻した。

  21日の日本株市場では、スプリント親会社のソフトバンクグループの株価が一時前日比3.8%高の1万730円と3営業日続伸となった。午前9時8分現在は1.6%高の1万500円。

  パイ委員長の支持表明で、合併の行方は司法省のデルラヒム反トラスト局長にかかっている。FCCは合併が公共の利益にかなうかどうかを判断するが、司法省の審査では競争が損なわれることで消費者が高い料金を強いられないかどうかが焦点となる。

  司法省とFCCはコメントを控えている。スプリントとTモバイルからもコメントは得られていない。

原題:DOJ Leans Against T-Mobile Takeover of Sprint in Break With FCC(抜粋)

(21日のソフトバンクグループ株の動向を追記します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE