コンテンツにスキップする

ウクライナ新大統領、議会解散・早期選挙の意向表明-早ければ夏に

ウクライナのゼレンスキー新大統領は20日、就任直後の演説で議会を解散し、早期総選挙に踏み切る意向を表明した。テレビのコメディアンから大統領へ一気に上り詰めたゼレンスキー氏は、政権基盤を固めたい考えだ。

Inauguration Ceremony For Ukraine's President Volodymyr Zelenskiy

就任宣誓後、ウクライナ議会を後にするゼレンスキー大統領

Bloomberg

  ゼレンスキー氏は長年に及ぶ汚職の根絶やロシアとの紛争解決を訴え、4月の選挙で圧勝した。ロシアが2014年にクリミアを併合して以来、両国は対立が続いている。

  ゼレンスキー大統領は、出演していたテレビ番組「サーバント・オブ・ザ・ピープル(国民の奉仕者)」を自らの政党名とした。議会ではまだ議席を有していないが、世論調査では支持率首位を走る。議会選挙は10月の予定だったが、早ければ夏期に前倒しで行われる可能性がある。

原題:Ukraine’s Newly Sworn-In Leader Moves to Dissolve Parliament (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE