コンテンツにスキップする

ジャンク債投資家にお勧め、ETFで下落に備えを-バークレイズ

  • 空売り投資家にとっての下落時の利益が大きいヘッジを提案
  • SPDRブルームバーグ・バークレイズ高利回り債ETFが有望か

ジャンク(投機的格付け)債の今年の値上がりによる利益を守るため、通常とは異なるヘッジを検討するようバークレイズのストラテジスト、ジガー・パテル氏は勧める。高利回り債の上場投資信託(ETF)を使う方法だ。

  同氏はジャンク債ETFを空売りすることを推奨。このポジションはETFが値下がりした際に利益が出るためジャンク債下落に対するヘッジになる。通常は、マークイットCDX北米ハイ・イールド指数のようなクレジットデリバティブがヘッジに活用される。

  ジャンク債ETFはジャンク債市場全体に比べ一斉売りの局面で下げが大きく、上昇相場では上げが大きい。このため空売り投資家にとっての下落時の利益が大きい。パテル氏はSPDRブルームバーグ・バークレイズ高利回り債ETFの空売りを推奨。同ETFは過去の一斉売りの際、連動しているジャンク債自体より下げが大きかったからだという。ただ、ブラックロックのiシェアーズiBoxx高利回り社債ETFの方が流動性が高いため、大規模ヘッジには適している可能性がある。

原題:Junk Bond Investors Should Hedge With ETFs, Barclays Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE