コンテンツにスキップする

オリックス、印IL&FS風力発電所権益の残る51%取得目指す

  • 風力発電所7カ所の権益の49%は既に保有
  • 売却プロセスは6月末までに完了する見込み

オリックスはインドの複合企業インフラストラクチャー・リーシング・アンド・ファイナンシャル・サービス(IL&FS)グループの風力発電所7カ所の権益の51%獲得を目指している。同グループが発表資料で明らかにした。オリックスは既に同権益の49%を保有している。

  7カ所の権益100%に対しては、インドガス公社(GAIL)が最高額の約480億ルピー(約750億円)を提示している。売却プロセスは6月末までに完了する見込みで、その後、法的承認が必要。

原題:Orix Seeks to Buy Out Seven IL&FS Group’s Wind Power Plants(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE