コンテンツにスキップする

ドイツ銀スタッフがトランプ、クシュナー両氏関連取引に疑念-NYT

  • 疑わしい取引、米財務省に報告されず-スタッフの勧告を幹部が拒否
  • 取引内容の明示なし、一部は外国との資金のやりとりに関わっていた

ドイツ銀行のマネーロンダリング(資金洗浄)対策専門家が2016、17年に、トランプ米大統領と娘婿のクシュナー大統領上級顧問が運営する法人が関与する複数の取引に疑いを持ったと、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が19日に報じた。

President Trump Holds Listening Session With County Sheriffs

ジャレッド・クシュナー大統領上級顧問

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  同紙によれば、ドイツ銀の専門家は疑わしい取引について米財務省の金融犯罪取り締まりネットーク(FinCEN)に報告するよう勧告したが、ドイツ銀幹部は拒否した。この結果、報告は行われなかったという。

  同紙は疑わしいとされた取引の具体的内容を明示しなかったが、取引の一部は外国の組織ないし個人との資金のやりとりに関わっていたとした。ドイツ銀はトランプ大統領とクシュナー氏の会社に多額の融資を行ってきた。同行の元行員はNYTに対し、疑わしい取引報告をしないという判断は、資金洗浄防止法を意に介さず、重要な顧客との関係維持を重視する同行の姿勢の反映だと指摘した。

  トランプ・オーガニゼーションの担当者はNYTに対し、指摘されたドイツ銀との取引について承知していないと述べた。クシュナー・カンパニーズの担当者は同紙に、同社とドイツ銀が資金洗浄に関与したとの疑惑はでっち上げられたもので虚偽だと語った。

原題:Deutsche Bank Staff Eyed Trump, Kushner Transactions, NYT Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE