コンテンツにスキップする
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

強制的な技術移転との米側の主張は「でっち上げ」-中国が報道

  • 技術移転強要の証拠、米国は示すことできていない-人民日報
  • 「うそは1000回繰り返しても、うそであることに変わりない」
Computer chips sit on an electronic motherboard used for industrial cryptocurrency mining at the CrytoSpace conference in Moscow, Russia, on Friday, Dec. 8, 2017. CryptoSpace is Eastern Europe's largest conference dedicated to blockchain technology and cryptocurrencies and runs Dec. 8-9.
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

中国共産党の機関紙、人民日報は18日、中国当局が外国企業の技術移転を強制しているとの米国の主張は「全くのでっち上げ」だと断じた。中国の発展を抑えるための古くさい議論だとも記述した。

  人民日報は論説で、中国は海外企業が技術移転を強いられているとの証拠を提示するよう繰り返し求めてきたが、米国はそれを裏付ける例を示すことができていないと指摘。「うそは1000回繰り返したとしても、うそであることに変わりはない」と論じた上で、「恐らく米国人は急速に伸びている中国のイノベーション(技術革新)能力や技術的成果が気に障るのだろう」と記した。

  トランプ政権が今月に入り中国製品への追加関税に動き、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)による米国の技術へのアクセスを制限して以降、中国国営メディアが使用する表現は激しくなっている。

原題:China Paper Says U.S. ‘Fabricated’ Forced Tech Transfer Claims(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE