コンテンツにスキップする
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

トヨタがトランプ政権に反論-米国に貢献、安全保障の脅威でない

  • 輸入車が国家安全保障の脅威との米商務省の結論に同意-トランプ氏
  • 「われわれの投資が歓迎されていないとのメッセージ」-トヨタ
Toyota Motor Corp. GR Supra vehicles stand on display during a launch event at the Mega Web Toyota City Showcase showroom in Tokyo, Japan, on Friday, May 17, 2019. The fifth-generation Supra ends the 17-year hiatus since the end of the production of the previous generation, according to the company.
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

トヨタ自動車は17日、自動車の輸入が米国の安全保障を脅かしているとのトランプ大統領の主張に反論した。

  トヨタは発表文で、外国車や同部品から自国を守る必要があるとのトランプ氏の大統領布告について「われわれの投資が歓迎されていないとのメッセージをトヨタに送るものだ」と異例の強い表現で指摘。10カ所の工場を含め、米国内での事業構築に600億ドル(約6兆6000億円)余りを投じてきたと実績を訴えた。

  米商務省は自動車・同部品の輸入を調査した結果、1980年代以降「米保有の」自動車メーカーの市場シェアが低下し、安全保障が損なわれていると結論付けた。トランプ大統領は17日、これに同意すると言明。日本や欧州連合(EU)などから輸入する自動車・同部品への追加関税発動を180日延期し、合意に向けて交渉を進めるよう通商代表部(USTR)に指示した。

  トヨタは交渉の早期決着に引き続き期待を寄せているとしながらも、輸入が制限されれば米消費者は負担増を余儀なくされ、雇用や経済には逆効果だと指摘した。

  米国自動車工業会(AAM)は17日、追加関税で価格上昇を招けば米国で70万人の雇用が危険にさらされると警鐘を鳴らした。

  トヨタは発表文で、「当社の事業や従業員は米国の暮らしや経済に大きく貢献しており、安全保障の脅威ではない」と記した。

原題:Toyota Says Trump Sent Message Carmaker ‘Not Welcomed’ (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE